結婚指輪の購入方法【情報収集で失敗を回避】

リング

エンゲージリングの選び方

リング

素材やデザインの違い

愛する彼女にプロポーズしたいと思った時、男性にとって気になるのが婚約指輪のことではないでしょうか。一世一代の贈り物だからこそ、愛をこめた心のこもった指輪を選びたいものです。受け取る側の女性も、彼からの愛の証である指輪を贈られる日を夢見て、心待ちにしているはずです。では、婚約指輪はいつ用意すればいいのでしょう。プロポーズの際にサプライズとして指輪を渡したいなら、前もって彼女の指のサイズや好みのデザインを把握しておく必要がありますが、女性側からすれば、一生に一度の特別な贈り物だからこそ、自分の好みに合うものを吟味したいというのも本音なのではないでしょうか。アンケートによれば、半数以上のカップルが二人で一緒に婚約指輪選んでおり、プロポーズの際に必ず婚約指輪が必要というわけではなさそうです。では、実際にどのような婚約指輪を選べば良いのでしょう。指輪を選ぶ際は、素材の品質・好みのデザイン・どんなシーンで着けたいかなどを考慮する必要があります。リングの素材はプラチナやゴールドが代表的で、特にプラチナは他に比べて強く安定した素材であるために変質しにくいというメリットがあり、永遠を誓う証のリングとして最適です。次に婚約指輪といえばダイヤモンドを真っ先に思い浮かべる方が多いでしょうが、ダイヤは最も硬い石であることから固い絆で結ばれることを連想させ、無色透明なことから純心無垢で花嫁に相応しいとされています。そして指輪のデザインを決める時には、普段使いにしたいのか、とっておきのシーンで着けたいのかを想像して、その場面に相応しいデザインにすることをお勧めします。爪を使わず埋め込み式にすれば、洋服などに引っかかりにくく普段使いしやすいメリットがあります。素材やデザインの特徴を考慮して、ライフスタイルに合った素敵な婚約指輪を作りましょう。